地震の時はちょうど家のリフォーム中でした

被災地付近の建設事情東日本大震災のエリアに住んでいて、かの地震の時はちょうど家のリフォーム中でした。
その後大混乱状態だったんので、工期が伸びたり色ありました。何とか完成して家に入ることはできても細かい所がまだ足りません(洗濯物を干す場所がなかったり等)。

ですが建設業の方々は割と早くに家を復旧または立て直しの人の依頼を受けて仕事を始めてしまってので、相談してもやる気がないのか一向に見積もりも電話もありません。

今はちょっと困っています。

まだ門が壊れたままなので流石に、旅行などにときに出て行くのが不安になります。
しかし去年の夏くらいからもう建設の方々は忙しいようで、すぐに家の建て直しなどできる人がいるのだなと驚きました。
その時はまだどこが一番安全かなどがはっきりしていなかったので驚いたのです。
その他建設の人たちは道路直しにも手伝っていたらしくそのような分野もするのかと感心しています。建設業の人はこのような震災などの時にはとてもがんばってくれているのだなと思いますが…連絡くらいは欲しいものです。被災地に近い建設会社の方なので復興に最大に力を発揮したくなるのも分かりますが。


余談ですが、今それこそ被災地などで新しい家を建てたり被害を受けても直せば住める家の復旧が活発化しています。

建設現場もフル稼働だそうです。

そのせいで良い木材などが手に入りにくいのです。

普通家を建てる場所の近くの木材を使うことが多いのが普通ですが、東北に住んでいてはるか四国の方から取り寄せたりとかもたまにあると聞きました。

それほど建築用の木材が不足気味なのです。


他のパーツ(合板)なども同じようだと聞いています。


今、リフォームや新築を考えている人は少しこれらの建設ラッシュの波が収まってからの方が良い素材を手に入れられるはずです。
しかし東北地方は、政府の災害公営住宅の場所やいつ着工するのかなど、まだまだ震災関連の問題が山積みです。
瓦礫の処理もまだまだ終わりません。

本当に大変な事が起こってしまったという一言につきます。

http://www.shikakude.com/
http://www.u-can.co.jp/special/rank/
http://www.shikaku-king.com/

自動車学校の合宿免許はとても人気があり、興味深いです。

ヨガのインストラクターの資格情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

ヨガのインストラクターに有効な知識の紹介です。

プログラミングの講座関連のノウハウを解説します。

理学療法士の国家試験が最近こちらで話題になりました。